• 白山ゾーン
  • > 白山火山ジオサイト
  • > 手取層群の礫

手取層群の礫

手取層群の礫

白山火山は、その基底の大部分を飛騨変成岩類や手取層群、濃飛流紋岩類が占めている。登山道の登り始め、谷沿いに手取層群の互層を遠望でき、砂防新道沿いの十二曲り手前では、手取層群の礫をみることができる。大陸起源のオーソコーツァィト礫が登山道の路面や壁面に観察でき、標高2000m近辺まで河川堆積物である手取層群が分布していることがわかる。

閉じる