• 大日川ゾーン
  • > 大日川ジオサイト
  • > 大日川

大日川

大日川

手取川の支流。水源の大日山から手取川との合流地点までの総延長は34.9kmに達する。豊富な水量を持つ川でもあることから、古くから電源開発が行われてきた。別宮町地内ではかなり穏やかな流れとなっており、一向一揆の際に鳥越城と二曲城の間を連絡していたほら貝の音が伝わるように念じたところ、川の流れの音が消えたという伝説があることから、音無川との異名をもつ。

閉じる