• 獅子吼高原ゾーン
  • > 安久濤の渕と手取川七ヶ用水ジオサイト
  • > 十八講河原

十八溝河原

十八講河原

緑色凝灰岩は、日本海形成時の火成活動による噴出物が変質してできた岩石である。鶴来地域の基盤となっており、十八河原等の手取川河床で見ることができる。河床には、手取川の流れにより形成された数多くの甌穴と岩脈が見られる。

閉じる