• 獅子吼高原ゾーン
  • > 白山比咩神社ジオサイト
  • > 白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

創建2100年と伝えられ、鶴来市街地の南側、河岸段丘崖上に手取川扇状地を望むように立地する。白山を遥拝対象とし、加賀禅定道の起点である。平安時代から中世にかけて手取川扇状地に多くの荘園を有し、「水引神人」と称した土豪が地域を支配していった。現在も、手取川扇状地に住む多くの氏子が支える。

閉じる