• 獅子吼高原ゾーン
  • > 舟岡山ジオサイト
  • > 舟岡山遺跡と舟岡山城跡

舟岡山

舟岡山遺跡と舟岡山城跡

手取川の浸食により形成された河岸段丘面のひとつ。洪水の心配がないことから古くから人が住みついていた。ここには、舟岡山遺跡と舟岡山城跡が残る。舟岡山遺跡は縄文時代中期の竪穴式住居跡が4棟復元されており、周辺の遊歩道から舟岡山一帯を散策できる。舟岡山城跡は山頂にある山城跡。築城時期は不詳であるが、戦国末期には前田利家の重臣・高畠定吉が入り、一向一揆でもめた白山麓を守った。江戸時代になり、廃城となった。

閉じる