• 美川と白山海岸ゾーン
  • > 美川のまちなみジオサイト
  • > 美川港(旧本吉湊)

美川港(旧本吉湊)

美川港(旧本吉湊)

北前船の寄港地である旧本吉港。加賀地方では、海流などの影響を受けて海岸砂丘が発達し、港湾として利用できる場所は入江や潟湖に限定される。本吉は中世頃より港湾として整備されてきた。鎌倉中期の海洋法規集「廻船式目」では、日本の十大湾港(三津七湊)の一つとして記されるなど、古くから海運業が盛ん。江戸時代に入り、年貢米の積出港、物資の集積地として繁栄し、「加賀の本吉 銀(かね)の出所」とうたわれるほど、加賀藩の経済・金融の一大中心地だった。明治に入り、北陸本線の開通により鉄道による陸運の発達により衰退し、漁港のみの利用となった。

閉じる