• 美川と白山海岸ゾーン
  • > 東大寺領横江荘遺跡ジオサイト
  • > 東大寺領横江荘遺跡荘家跡

東大寺領横江荘遺跡

東大寺領横江荘遺跡荘家跡

横江荘は、手取川扇状地の北東端に位置し、奈良~平安時代初めに全国的に広がった初期荘園と呼ばれるもののひとつ。平安時代の頃には、手取川と日本海によって形成された砂嘴との間に潟湖が広がっていた。横江荘は、この地形を利用して手取川扇状地で作られた米を運び出した、巨大物流基地の拠点跡と考えられている。

閉じる