お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

白山麓のパワースポット巨木巡り

白山麓のパワースポット巨木巡り 11月10日

tour14-01.jpg

ここは鳥越地域の堂川上流にある五十谷の大杉です。樹高39m、幹周約8mもあり四方に太い幹を伸ばす様は迫力満点。伝説をもとに推定樹齢1200年と言われており、県指定天然記念物になっています。

 

tour14-02.jpg tour14-03.jpg

諸説ありますが、伝説によると弘法大師が諸国行脚の道中立ち寄った際に、持っていた杖を地面に突き刺したところ、それが根付いて巨木になったと言われています。

 

tour14-12.jpg

こちらは国指定天然記念物の樹齢約680年の杉の木です。日本の名木百選の一つで、仏飯を盛ったような形から御仏供杉(おぼけ杉)とう名がついています。白山市吉野の山中に祇陀寺を開いた大智禅師がこの地を去る時に杉の小枝をさかさに地面に挿したのが今の御仏供杉であるといわれ、「さかさ杉」ともよばれています。

 

tour14-8.jpg tour14-9.jpg
tour14-11.jpg

左の写真は樹齢500年以上と推定されている瀬戸夜泣き銀杏です。樹高35m、幹周約9.8mと県内では最大級の銀杏です。昔、この樹上に棲みついた天狗が夜になると大声で泣いたとの説話が残されています。

右上は不老橋から望む手取峡谷です。右下は牛首川と尾添川の合流付近に架かる濁澄橋からの景色です。どちらも以前のツアーで紹介させていただきましたが、紅葉の時期の景観はまた格別の美しさがありました。

このブログ記事について

このページは、白山手取川ジオパークが2012年11月16日 09:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白山麓のご馳走"白山百膳"」です。

次のブログ記事は「河合鉱山見学と白山麓の湧水」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja