お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

2012年12月アーカイブ

HTG Blog_3のコピー_modmod.jpg

日本ではクリスマスは,恋人や友達と過ごし,正月は家族や親せきと過ごすというのが一般的だと思いますが,ヨーロッパやアメリカなどでは逆で,クリスマスに家族と過ごし,正月は恋人や友達と過ごすのが一般的だそうです.

さて,船上でのクリスマスというと,もちろん家族と会うことはかないませんが,多くの人がスカイプを使って家族と連絡を取っていたようです.また,クリスマスパーティー&ディナーが企画されていました.クリスマスの約1週間前からいつもミーディングしている部屋がデコレーションされ始め,ツリーが飾られたり,張りぼての暖炉が出現したり,クリスマスムードが漂いだしました.パーティーでは有志が持ちよった楽器(ギターやトランペット,バイオリン,マンドリンなど)を演奏したり,クリスマスソングを歌ったり,サンタが現れたり,プレゼント交換をしたりと,日本ではあまり経験したことのないクリスマスを過ごすことができました.クリスマスディナーも日本では見たことのない豚の丸焼きが出たり,カニがあったり,大きなケーキがあったり,船上とは思えない豪華なものでした.研究をしつつ,楽器の練習や歌の練習に積極的に取り組む外国人研究者のバイタリティーにも驚かされたクリスマスでした.

そんなクリスマスの朝にはサンタクロースのプレゼントではありませんが,最初の岩石試料が採取されました!

IMG_0970.JPG

少し日が開いてしまってすみませんでした。

コスタリカのプンタレナスを出発して約4日と半日,現地時間の22日早朝にようやくドリルサイト (穴を掘る海域)であるヘス・ディープ (Hess Deep)  に到着しました!


View HTG x IODP in a larger map

現在は実際に穴を掘る場所を決めるための調査をしているところです.

コスタリカに着いてからこれまでいったい何をしていたのかというと・・・観光(笑)

冗談です.陸にいる間(現地時間の11日夜~17日夕方まで)は,確かに空き時間を使って観光もしましたが,これから2ヶ月間生活する船の中の設備についての説明や,生活する上での注意を受けたり,避難訓練をしたり、本研究航海の目的についてのセミナーを行ったりと,いろいろなことを行ってきました.

 

写真(あまりいい写真じゃありませんが...)は,空き時間に行ったコスタリカのサン・ホセにあるコスタリカ国立博物館に展示されていたコスタリカの先住民 (紀元前500年~紀元700年) が作ったヒスイの装飾品です.綺麗でした!どうでもいいかもしれませんが,ヒスイは僕の好きな石の一つです.糸魚川ジオパークのひすいミュージアムにはたくさんのヒスイが展示されています.世界有数のコレクション...だと思います.チャンスがあったらぜひ行ってみて下さい!

IMG_1190.JPGのサムネイル画像

白山手取川ジオパークでインターンシップ中の町です。

現在、統合国際深海掘削計画(IODP)第345次研究航海に参加するためにコスタリカに来ています。

写真は、これから2ヶ月お世話になるジョイデス・レゾリューション号

これからもコスタリカ沖から写真を中心に情報発信していきますhappy01

千代野老人会でジオ講演 11月30日

tiyonoroujinkai_1.jpg

今日は千代野公民館で、千代野老人会の皆様約60人を対象に白山手取川ジオパークについての講演を行いました。

 

tiyonoroujinkai_2.jpg tiyonoroujinkai_3.jpg

「ジオパークを知っている人は?」との質問には、7~8割の方が挙手したものの、「知人や友人に話しができる方は?」と尋ねると、手を挙げる方が誰もいらっしゃいませんでした。“ジオパーク”という言葉自体は身近になりつつありますが、人に伝えられるほどの理解にはいたってないよう。参加者は講師の話に熱心に聞き入っていました。

自分好みの豆腐はどれかな?お豆腐食べ比べ!

touhu_tabekurabe1.jpg

北陽小学校の豆腐作りとジオ学習の時には、豆腐の食べ比べも行いました。3種類の豆腐を食べ比べて、一番おいしかったと思うものを選びます。

 

touhu_tabekurabe2.jpg touhu_tabekurabe3.jpg

私も食べ比べに挑戦。3種類の紙コップに入った豆腐は、大豆の風味が強いもの、歯ごたえのある堅いもの、やわらかなものとがあり、同じ豆腐といってもこんなに違うんだなって、びっくりしました。

 

touhu_tabekurabe4.jpg touhu_tabekurabe5.jpg

子供達に1番人気があったのは3クラスとも1番柔らかい豆腐でした。

この豆腐の違いは、大豆を育てる場所や水、にがり、塩によるものだそうです。豆腐作りの奥深さとその土地の恵みを感じる体験でした。ちなみに、大人に人気があったのは大豆の風味の強い豆腐でした。お料理によっては、歯ごたえのある堅い豆腐が適していたりと、それぞれの良さがあると思います。

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja