お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

2013年1月アーカイブ

インターネットで海洋科学教室 1月17日

kaiyoukagaku_01.jpg

今日は湊小学校の5年生を対象にインターネットを使った海洋科学教室が行われました。インターネットテレビ電話の相手は中米コスタリカ沖にいる町さんです。湊小学校の5年生は、12月のプレ授業に続き、今回は地球の裏ぐらい離れた距離にいる町さんと再会です。

 

kaiyoukagaku_02.jpg

町さんはコスタリカの沖合いで掘削作業を行っているジョイデス・レゾリューション号という船に乗っています。現在、船は深さ4706mの深海の岩石を採取しています。船内には掘削して取り出した岩石を研究する部屋などがあり、船の中を移動しながら説明してくれました。

 

kaiyoukagaku_03.jpg

ひと通り説明してもらった後、生徒から質問があり、「今まで採れた岩石の種類は何種類ですか?」とか「船の生活で不便なことはありますか?」などいろいろ聞いていました。町さんが帰国してから、まとめの授業を予定しています。

HTGP x IODP_Blog_6_mod.jpg

先日,全く雲のない水平線に太陽が沈んでいくのを見ることができました(こちらに来る前は,毎日のように見られるんじゃないかと思っていたのですが,水平線に雲がかかっていないという日はほとんどありません).

こういった,条件のいいに日没に限って,さらにそれ以外の条件も重なって,運が良ければ観察できる自然現象があります.それがグリーンフラッシュ(緑閃光)という現象です.sun

太陽が完全に沈んでしまう,まさにその瞬間,わずか数秒間だけ,わずかに見えている太陽の一部が緑色に輝いて見える現象です.shine

まさに,そのグリーンフラッシュを見ることができました!大変きれいでした! happy01

なかなか見ることができない現象なので,見た人は幸せcloverになれるという言い伝えがあるそうです.

写真は,グリーンフラッシュのちょっと前の夕日です.グリーンフラッシュは一瞬なので、写真に収めるのはかなり難しいですsweat01

 

肝心の研究のほうはというと、これまで掘削していた掘削孔が技術的なトラブルに見舞われて、そこでの掘削を断念せざるを得なくなったのでbearing、少し移動して、別の場所で掘削し始めたところですgood

 

あと、遅くなりましたが、ジョイデスレゾリューション号の第345次航海の写真が、ホームページで公開されていますcamera。(ここをクリック)英語のページですが、単純にweek1をクリックすると1週目の写真が見られます。今のところ第4週まで掲載されています。加えて、日本地球掘削研究コンソーシアム (J-DESC) のページ(ここをクリック)でも船上の様子が報告される予定です。ちなみに、以前の別の航海の様子はこちらで見られます。

 

 

yukidaruma4.JPG yukidaruma2.JPG

 

 

今年も桑島・白峰の両地区において雪だるままつりが開催されますね。ロウソクの明かりによる幻想的な雰囲気を味わいたくて今年も多くの方が訪れるのではないでしょうか。

 

「雪」は、白山手取川ジオパークの見どころのひとつなので、「雪だるままつり」は、雪を楽しむジオパークの醍醐味そのものですね。

 yukidaruma3.JPG

 

ところで、雪だるままつりと言えば、白峰の名物を中心とした食べ歩きも楽しみのひとつ。

今年は「ゆきママとしずくちゃん」のお店も登場します!

かわいいほかほかの・・・あとは来てからのお楽しみ!お待ちしています!

冬の雪道に備えて、暖かい服装、滑りにくい靴(もちろん車も雪道仕様で!)など万全にして来て下さいね。

 

HTG x IODP_Blog_6_mod.jpg

先日,ハンプデーのお祝いがありました.ハンプデーのハンプとはラクダのコブのことで,ぽこっと突き出た真ん中を指します。一週間だと水曜日がハンプデーです。船上のハンプデートは、要するに航海の中日に当たります.

そこで,船上でバーベキューが振る舞われました.この時に,日本人チームで日本から持参した餅を焼いて皆さんに食べてもらいました.僕が持参したのは白山手取川ジオパークのロゴの入った杵つき切り餅!みんなに白山の恵みを味わってもらいました。外国人研究者のみならず、日本食に飢えている日本人研究者にも大変好評でした。
まだ味わったことのない人は是非一度お試しを!

ゆきママとしずくちゃんがFecebookに参加しました。

皆さん、「いいね!」してあげてくださいね。

いいね!.JPG

イワナ受精卵ふ化体験! 12月2日

iwanahukataiken_1.jpg

今日は鶴来公民館で白山手取川漁業協同組合主催のイワナの受精卵ふ化体験事業がありました。参加したたくさんの親子連れに発眼卵が配布されました。

iwana01.jpg iwana02.jpg

ペットボトルに水を入れた後、受精卵をピンセットでつまんで3~4個ほど入れます。子供達は受精卵を慎重にペットボトルに入れていました。

 

iwanahukataiken_4.jpg iwanahukataiken_5.jpg

白山手取川漁業協同組合の方にペットボトルに酸素を入れてもらって完成。ペットボトルを冷暗所に置いてふ化するまでを観察します。運がよければ、ふ化の瞬間に立ち会えるかもしれません。白山手取川漁業協同組合の方に協力していただきスムーズに進めることができました。

 

iwanahukataiken_6.jpg

自分のペットボトルに入った受精卵を良く見ていた女の子が、卵の中にかすかな動きを見て驚いていました。小さな命の輝きを感じてもらえれば嬉しいです。これから2週間ほどでふ化します。その後は、各自で川に放流してもらいます。

 

 

new year party_2_mod.jpg

みなさん,新年あけましておめでとうございます.この前は,クリスマスを紹介したので今日は,大晦日~新年を紹介します.

クリスマスの時は午後の時間を使ってパーティーをしたのですが,大晦日はというと日中は普段通りに仕事をして過ぎていきました.さすがに,仕事納めは有りません(汗)

日中は普通に過ごしましたが,夜にはダンスパーティーがありました.多くの日本人には,なじみがありませんが,外個人,踊るのが好きです.「そんなことできるかっ!」と思っていましたが,みんなが踊っていると案外楽しく踊れました.何事もやってみることは重要ですね.

そして,いよいよ年越しの瞬間はというと,船の船首の部分にみんなで出て,みんなでカウントダウン.年明けと同時に船にある鐘が鳴らされ,フランス人の研究者(ジョージさん)の奏でるバイオリンに合わせて,みんなで蛍の光を歌いました.英語の歌詞が分からないので歌えませんでしたが(苦笑)

翌日の元日はさすがにお雑煮とはいきませんでしたが,ランチはクリスマス並みに豪華で,なんと鮨も振る舞われました.大部分が海苔巻鮨だったのですが,久しぶりに日本の味を味わえてうれしかったです.そして,仕事納めがないので当然,仕事始めもありません.若干,普段よりも朝が遅い人もいたようですが,普段通りのシフトに戻りました.

 

雪が深々と降る中で迎える静かな大晦日も好きですが,半袖で迎えるにぎやかな大晦日もいいものでした!

 

岩石の採取の方はというと,ある程度の長さのコア(海底からドリルで円筒状に彫りぬいた岩石試料)が採取されたので,その解析が始まったところです.

新年あけましておめでとうございます! 1月1日

今年もよろしくお願いいたします。

  白山手取川ジオパークが世界に羽ばたく年になりますように!

正座ママ.jpg

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja