お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

9/28感性のびのび土曜スクール@鶴来・河内

秋晴れの土曜日。
今日は感性のびのび土曜スクールが行われました。
感性のびのび土曜スクールとは、白山市教育委員会が
子どもたちの感性を育む体験活動として年4~5回行っているもので、
平成24年度からはジオパークと関連付けた内容にしています。

今回は鶴来地区・河内地区を対象に、
手取川第二発電所の見学、七ヶ用水のトンネル探検、そして
ジオパークインフォメーションセンターでのジオパーク学習を行いました。

1階_IMGP1641.JPG
私たちの担当はもちろん(?)ジオパーク学習です。
道の駅しらやまさんに設けられたジオパークインフォメーションセンターで、
ジオパークとは何か? 白山手取川ジオパークのテーマは?
といったお話をします。嬉しいことに、殆どの小学生が
ジオパークやキャラクターの「ゆきママとしずくちゃん」のことを知っていました!

2階_P1150996.JPG
2階の展望台では、手取川の流れと、対岸の七ヶ用水の旧取り込み口を観察します。
川には、流れの速いところと遅いところがあること、
水の取り込み口には豊富な水量が必要なことなどをお話した上で、
すぐ下の河原に下りてみます。

河原1_P1160008.JPG
河原で子どもたちには、あるミッションが課せられました。
それは、手取川から七ヶ用水を引いた枝権兵衛に倣って、
河原の小川から、30㎝ほど内陸側に水を引くこと、です。
水を引いて、それが流れるようにするためにはどうすればいいのか、
みんなの試行錯誤が始まります。

河原2_IMGP1653.JPG
みんなそれぞれ、溝を掘ったり、ダムを築いたりしています。
試行錯誤を重ねる中で、水を流すためには取水口と排水口が両方必要なこと、
取水口を高くして、排水口はそれより低くすることなどを、
体験を通じて学んでいきました。

思いの外みんな熱中して、
かつ、やりながら水の流れの特徴に気づいてくれたので、
こちらとしてはしめしめというところです。
今回初めての試みでしたが、今後の学習活動にも
取り入れてみようかと思います。

このブログ記事について

このページは、白山手取川ジオパークが2013年9月28日 18:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9/27ジオパーク遠足@美川」です。

次のブログ記事は「ゆるキャラ(R)グランプリ駅前PR活動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja