お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

2013年12月アーカイブ

12月23日(月・祝)、親子実験教室を開催しました。

イカとアンモナイトの不思議な関係と題して、コウイカの解剖を行いました。

実験用のイカと言えども、一般的に食するコウイカです。

今の時期は北陸で手に入りにくいということで、遠く山口県から取り寄せました。

P1180311.JPG

金沢大学のロバート・ジェンキンズ先生の指導で、イカを解剖していきます。

まずは、イカをよーく観察。

口の位置、腕が10本あること、長い腕と短い腕の吸盤に違いがあることがわかりました。

1.jpg

ろうとは水の中で泳ぐときに役立つことを知り、肝臓の位置や胃の中身などを観察して、

くちばしを取り出しました。

このくちばしは、イカにも、タコにもあり、アンモナイトにもあったそうです。

2.jpg5.jpg

続いて、イカの甲を取り出しました。

この甲の断面は層になっていて、小部屋状のものが並んでいるそうです。

アンモナイトも断面をみると小部屋状になっています。

これもイカとアンモナイトに関係があることを表していますね。

6.jpg4.jpg

3.jpg

イカとアンモナイトの不思議な関係を学んだ実験教室でした。

今日は獅子吼高原に上がって、ジオパークの看板を外してきました。
獅子吼高原は、平野部と山間部の境目の町・鶴来から、
ゴンドラで標高650mまで上がったところで、手取川扇状地の絶景が望めます。

私たちの事務所がある松任地区にはほとんど雪がないのですが、
獅子吼高原は既に雪に包まれていました。

P1180280.JPG
雪をかき分けて、看板の所へ進みます。

P1180282.JPG
看板の取り外し作業です。
冬はかなりの雪に覆われてしまうため、
獅子吼高原の看板は冬季は外すことにしています。
(実はレンチ1本で外せてしまうんです!)

P1180303.JPG
最後は、ゴンドラから撮影した手取川扇状地です。
写真手前の、鶴来の町にだけ雪が積もっている様子がよくわかります。
鶴来はやっぱり、山と平野の境界の町なんだなということを、よく実感できました。

もう少しすると、獅子吼高原もスキーシーズンを迎えます。
みなさんもぜひ、「ジオパークであそび」に獅子吼高原へいらしてください。
(もうすぐナイター営業も始まります)

白山二景

昨日12月8日(日)は、久々の快晴でしたので、
白山の写真を撮るために白峰地区の西山に行ってきました。

白峰地区の西山は、白山の写真撮影のポイントとして知られ、
多くの方々が訪れています。
この日も、林道沿いに20台前後の車が止まり、白山の写真を撮っていました。

白く雪を被った白山(左)は午後2時台、
夕焼けに赤く染まった白山(右)は午後4時台に撮ったものです。

これから白山には、多くの雪が降り積り、
この雪が手取川流域に多くの恵みをもたらしてくれます。
 

CIMG7292.JPG CIMG7340.JPG

「バス山麓コース」に続きます~からようやく②レポートです。

高千穂河原で「霧島神宮古宮址」の見学です。

霧島神宮は、もともと高千穂峰と御鉢の鞍部にあったそうですが、
噴火で消失し、ここに建立されましたが、ここでも噴火の被害を受け、
現在の霧島神宮の場所に移されたそうです。

鳥居の手前とトイレの間に、白い縦長の看板が見えますか?(画像が小さいですが・・・。)

高千穂河原DCF00228.JPG

そこには、なんと「避難壕」の文字!

避難壕看板.JPG

新燃岳の噴火に備えて、避難壕がありました。
壕の入り口は火山と反対方向に向いているとのこと。
50人ぐらいは入れそうな広さでした。

避難壕DCF00258.JPG

足元には、前回の噴火の火山灰があり、このことも、
生きている火山を実感させられました。

足元.JPG

続いて「高千穂牧場」へ。

ここでは霧島山を南側からの一望できました。
標高500m、お天気はよかったけど、とっても寒かった・・・。
クローバーが咲いていてびっくり!
九州だと秋まで咲いているのが当たり前なんでしょうか?

高千穂牧場DSC06748.JPG

DCF00221.JPG

次に訪れたのが「霧島神宮」です。
ニニギノミコトをお祀りする神社で、高千穂河原から室町時代にここへ移されたそうです。
紅葉の見ごろと重なり、とてもきれいでした。

霧島神宮DCF00197.JPG

最後は「神話の里公園」。
新燃岳、御鉢火山、高千穂火山も眺められるほか、桜島も見えました。

神話の里公園DSC06749.JPG

以上 バスで楽チン、山麓コース♪でした。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja