お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

JGN全国研修会in霧島ジオパーク②

「バス山麓コース」に続きます~からようやく②レポートです。

高千穂河原で「霧島神宮古宮址」の見学です。

霧島神宮は、もともと高千穂峰と御鉢の鞍部にあったそうですが、
噴火で消失し、ここに建立されましたが、ここでも噴火の被害を受け、
現在の霧島神宮の場所に移されたそうです。

鳥居の手前とトイレの間に、白い縦長の看板が見えますか?(画像が小さいですが・・・。)

高千穂河原DCF00228.JPG

そこには、なんと「避難壕」の文字!

避難壕看板.JPG

新燃岳の噴火に備えて、避難壕がありました。
壕の入り口は火山と反対方向に向いているとのこと。
50人ぐらいは入れそうな広さでした。

避難壕DCF00258.JPG

足元には、前回の噴火の火山灰があり、このことも、
生きている火山を実感させられました。

足元.JPG

続いて「高千穂牧場」へ。

ここでは霧島山を南側からの一望できました。
標高500m、お天気はよかったけど、とっても寒かった・・・。
クローバーが咲いていてびっくり!
九州だと秋まで咲いているのが当たり前なんでしょうか?

高千穂牧場DSC06748.JPG

DCF00221.JPG

次に訪れたのが「霧島神宮」です。
ニニギノミコトをお祀りする神社で、高千穂河原から室町時代にここへ移されたそうです。
紅葉の見ごろと重なり、とてもきれいでした。

霧島神宮DCF00197.JPG

最後は「神話の里公園」。
新燃岳、御鉢火山、高千穂火山も眺められるほか、桜島も見えました。

神話の里公園DSC06749.JPG

以上 バスで楽チン、山麓コース♪でした。

このブログ記事について

このページは、白山手取川ジオパークが2013年12月 9日 14:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JGN全国研修会in霧島ジオパーク①」です。

次のブログ記事は「白山二景」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja