お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

日本ジオパークネットワーク中部ブロック打ち合わせ会in勝山GP


みなさんこんにちは。

今日は(昨日は)、日本ジオパークネットワークの中部ブロック(まだ正式にブロック分けされているわけではない)打ち合わせ会でした。 

JGN中部ブロック打ち合わせ会.JPG

恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク内で2日間に渡って行われた会に、白山手取川ジオパーク推進協議会からは2名参加してきました。
ほかにも、地元の恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークは当然として、糸魚川ジオパーク、南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク、佐渡ジオパーク、黒部立山ジオパーク構想と、中部各地から集まりました。
これから、ブッロクのような割と近い範囲で、お互いの交流やサポートをしていく活動を活発化させていきたいですね。

 

さて、1日目は会議のみだったのですが、せっかく集まったなら、ということで2日目はミニジオツアーです。
白山手取川のお隣でもある勝山は、よく訪れていますが、大矢谷白山神社、ここは何度来ても、圧倒させられます。

大矢谷白山神社1.JPG

ここを進むと、、、驚きの光景が!
 

大矢谷白山神社2.JPG

!!!!!

 

今にも小屋が押し潰されそうです!
とはいっても、本当は、後から小屋を建てているので、みえるだけなんですけど(^^;
実はこの岩は、経ヶ岳という山の山体の一部が、数万年前に崩れて、ここまで運ばれてきたのです。


さらに、この冬の季節、神社から少し離れて奥の山を眺めると、山の崩れた部分が、凹んでいるのがよく見えます。
 

保月山付近.JPG

あの山のところから、ドドドッッ、と崩れてきたことを想像すると地球の活動の規模の大きさがわかりますね。


こういった、人の力では作ることを考えにくい自然物を、日本人は特に崇拝したり、大切なものとして残してきたりしますよね。
白山手取川ジオパークにも、百万貫の岩や、白山スーパー林道沿いの蛇谷峡谷など、地球の大きな営みを感じる場所がたくさんありますよ。


ところで、この日の朝は、結構冷え込みました。
 

そらしみ0.JPG

何気なく人が歩いているのは、、、
 

これ、雪の上なのです。
そらしみ1.JPG

雪は数十センチ積もっていて、普通ならば、足は雪に埋もれてしまうはずですが、すごく冷え込んだ朝などには、このように雪も凍って、雪の上を歩くだけでなく走り回れたりするのです。
知ってましたか?


そらしみ2.JPG

この写真も、前日かそれより前の足跡は、ちゃんとくぼんでいるのですが、写っている足は雪の上に乗ったままです。

おもしろいですよねー。

 

こんな状態を勝山では、「おしょれ」「おしゃれ」「おそら」などと呼ぶそうです。
白山手取川だと、「そらしみ」なんて言ったりします。

ジオパークでは、季節ごとに異なる体験も楽しみたいですね(^ー^)

 

 

このブログ記事について

このページは、白山手取川ジオパークが2014年2月20日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2/16水の旅学講演会・座談会「ジオパークは私たちの宝物!」」です。

次のブログ記事は「白山砂防特派員になりました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja