お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

GW③ 伊豆半島GPでのジオツアー

ゴールデンウィーク第3弾は、ジオツアーです。
 
日本地球惑星科学連合大会の合間を利用して、
「南から来た火山の贈りもの」をテーマとしている伊豆半島ジオパークの
〝独立単成火山と海と人の暮らしをめぐる伊東ジオツアー“に参加しました。
 
コースは、
伊東駅~大室山(伊豆東部火山群の中で最大のスコリア丘)~さくらの里(昼食)
~城ケ崎海岸~一碧湖(マール)~伊東駅というコースです。
ガイドを務めていただいたのは、伊豆半島ジオガイド協会(NPO法人まちこん伊東)の皆さまと
伊豆半島ジオパーク推進協議会のスタッフでした。
楽しい1日をありがとうございました。
 
DSC_0683_fix.JPG
大室山にはリフトで登ります。
スキーでリフトに乗ることはあっても、山に登るためのリフトは初めてでした。
 
DSC_0677_fix.JPG
山頂の火口です。
火口底ではアーチェリーができますが、不思議な光景です。
 
DSC_0705_fix.JPG
昼食を食べた「さくらの里」からの大室山です。
比較的若いスコリア丘であることから、お椀をかぶせたような、きれいな山容です。
 
IMGP5894_fix.JPG
「さくらの里」にあるスコリアラフトです。
外殻は溶岩、内部はスコリアという不思議な岩石です。
ラフトは「筏(いかだ)」と意味だそうです。
山頂にあったスコリアが溶岩に乗って流れ出た時に作られたそうです。
 
DSC_0727_fix.JPG
城ケ崎海岸です。
ここの海岸は、大室山からあふれ出た溶岩が、相模湾に流れ込んでできました。
いがいが根と呼ばれる溶岩が冷えて固まるときにできる
デコボコした地形や柱状節理などを見ることができます。
 
DSC_0730_fix.JPG
不思議な丸い石です。
波の力でポットホール(甌穴)が造られていますが、
ポットホールを作っている石が球体になり、
そのまま残されていると考えられているそうです。
自然の力って凄いですね!
 
DSC_0740_fix.JPG
イワタイゲキ(トウダイグサ科)です。
白山には、同じ仲間のハクサンタイゲキが咲いています。
太平洋側の暖かい海岸に咲く花と、雪の積もる高山帯に咲く花が、同じ仲間です。
自然って不思議ですね!
 
IMGP6007_fix.JPG
一碧湖です。
火口にできた湖で「伊豆の瞳」と呼ばれています。
海に近い低層湿原が様々な植物を育んでいます。
 
DSC_0767_fix.JPG
ジオツアーが終わり、伊東駅前で夕食をいただきました。
もちろん伊豆半島といえば金目鯛です。
金目鯛は深海に棲む魚で、比較的近い場所に深海がある伊豆半島(下田漁港)は漁獲高日本一だそうです。
写真は、「金目鯛」の姿煮付けで、その横は、アジのフライです。
何を食べても大変おいしくいただきました。
 
DSC_0765_fix.JPG
最後に気になったお品書き。
「火星人の干物」。
何でしょうか。
お腹が一杯で注文しませんでしたが、気になって写真を撮りました。次回には挑戦。