お問合せ

白山手取川ジオパーク推進協議会  TEL 076-274-9564  FAX 076-274-9546  E-mail geopark@city.hakusan.lg.jp

放課後児童クラブ ジオパーク体験(白山ろく民俗資料館)

平成26年7月13日(日)に、放課後児童クラブ(学童クラブ)のジオパーク体験「山の子になろう」を行いました。

石川県立白山ろく民俗資料館との共催事業で、今年度複数の学童クラブを対象に実施しています。

今回はピノキオクラブの児童26名と保護者らが参加しました。

ピノキオクラブを出発して、ジオパークの情報拠点である道の駅しらやまさんで

まずはジオパークや手取川について説明しました。

 001道の駅しらやまさん.JPG

民俗資料館に行く途中では、バスの中から手取峡谷を見学しました。

みんな峡谷の深さに驚きです。
002手取峡谷.JPG

1時間の長旅を経て、ようやく白山ろく民俗資料館に到着しました。
003民俗資料館.JPG

写真右が旧杉原家、左手奥が旧織田家です。雨の中の古民家もなかなかな風情がありますね。
004杉原家.JPG

2班に分かれて、ワラ細工とオバル染め(ミヤマカワラハンノキの染液利用)を体験しました。

午前中はA班はワラ細工、B班はオバル染めを行いました。

 

ワラ細工は旧杉原家の3階で行いました。

講師の方たちに教わりながら、鍋つかみを作りました。
005鍋つかみ.JPG

006鍋つかみ.JPG

これは見本です。
007鍋つかみ.JPG

みなさんはじめての経験でしたが、上手にできたのではないでしょうか?

お昼ご飯は山菜カレーをいただきました。
008山菜カレー.JPG

009山菜カレー.JPG

午後は、A班がオバル染め、B班がワラ細工を体験しました。

オバル染めは旧織田家で行いました。

オバル染めとは、ミヤマカワラハンノキという木の葉や樹皮を煮出して作った染液を利用した染物です。

染液からは想像できませんが、生地は薄オレンジ色に染まります。主に肌着などに使われていたそうです。

010オバル染め.JPG

011オバル染め.JPG

012オバル染め.JPG

まずは布をゴムなどで縛ります。ゴムには染液が入らないので、ゴムで縛ったところは染まらずに生地の色のままになります。

そのあと、染液に浸して割り箸で20分ほど浸し続けます。

013オバル染め.JPG

生地を絞って、今度は灰汁の中に浸します。
014オバル染め.JPG


そのあと、流水で洗います。この水は山からの流水なので、とっても冷たいです。
015オバル染め.JPG

016オバル染め.JPG

本来は天日干しをするのですが、雨のためビニール袋に入れて持って帰りました。

最後に、旧杉原家でみんなで昔話を聞きました。

下田原地区に伝わる、お坊さんをありがたがる地元住民のお話でした。
017民話.JPG

018民話.JPG

おやつの「かましいりこ」を食べて、帰途につきました。
019かましいりこ.JPG

020かましいりこ.JPG

白山ろく民俗資料館では、山の民の生活ぶりを様々なプログラムで

体験できます。山と雪に囲まれた人々がこの地でどうやって

暮らしてきたか、この日は少しだけ、体験できたのではないでしょうか。